MBA(経営学修士号)取得マニュアルTOP

MBAとキャリアアップ

MBAは実務経営の場で必要となる幅広い専門領域についての知識を学びます。戦略、マーケティング、アカウンティング、ファイナンス、人的資源管理等です。これらの専門領域を体系的に学ぶことで、経営の専門家として成長することはMBAの重要な目的です。しかし、学ぶ人にとってはMBAを取得した結果、企業内でどのような待遇がされるかを考えなければいけません。一般的には給与は文系サラリーマンの平均よりは高くなるとされています。しかし、MBAホルダーは給与ばかりではなく、「人脈」という大切な資源を手に入れることができ、この人脈こそが目先の給与より重要なのです。

ビジネススクールには多種多様な業界・職種の人が集まっています。さらに彼らは自己研さん意欲が強く、将来的に有望な人材です。このようなモチベーションが高い人材と知り合うことができることこそがMBAを学ぶことの重要な利点なのです。

この人脈から、転職先を紹介してもらったり、業務関連の人脈紹介をしてもらえたり、共同で会社を起こすなど、キャリアアップやスキルアップにダイレクトにプラスの効果をもたらします。

MBAとは

MBAとは経営学修士号(Master of Business Administration)の頭文字です。

MBAホルダーは米国を中心に、経営エグゼクティブが持つべき資格として発展してきました。グローバル経済の出現によって、その通用性はヨーロッパをはじめ、アジア諸国でも通用するようになっています。

日本でも、米国流の経営文化が浸透する中で、一定の通用性がありますが、日本の企業文化と異なる部分もあり、他国と比較すると浸透度はそれほどではありません。